男がピラティス?

男性がピラティスをする。


何だかあんまりイメージが湧かないですね。


確かに、ピラティス=女性がやるもの。みたいなイメージが定着してしまった感はあります。


海外では男性がピラティスを行うことは結構普通なことのようですが、なかなか日本は、、


男は身体を鍛えてなんぼのワークアウトの世界観がまだまだ根強い感じもします。


この価値観は否定することでは無いし、逞しい肉体を作りたいという欲求はあってもいいし、自分も昔よりは薄れましたが、憧れはあります。


プロレスラーやボディビルの選手の様に仕事柄鍛えざるを得ない方々もいらっしゃいます。そこに彼らの人生の美徳があり、そこは否定をするべきところではないです。


ただ筋肉をめっちゃ鍛えて逞しくなったとして、それが健康と言えるのかどうか。


外見的にはとても健康そうに見えても、実は風邪を引きやすかったり、精神的に弱かったりしたら?


これだと本当の意味で健康とは言えないだろうなぁと思います。


僕がよく見かけるのは身体は鍛えても内側が追いつけず、精神的にバランスを崩してしまうような人。


もちろん、上手くトレーニングしてらっしゃる方もいらっしゃってその人たちは別に僕のような存在は必要としていないでしょう。


せっかくお金を投資してジムに行ったりして身体を鍛えているのに、そんなことになるなんて本末転倒で勿体無いなと思います。


ピラティスがお役に立てるとすればトレーニングももちろんですが、よりご自身の内面と向き合うセラピー的な要素だったりします。


僕はまだまだ勉強しなければならないことは遥かに多いですが、それでも今まで勉強してきたことは必ずお役に立てると思っています。


ピラティスでお腹をへっこめるとか、身体の痛みを軽減していくことも大事ですが、もう少し踏み込んでそれよりも大事なことをピラティスや整体を通して発見して、より強い男性になっていくことも必要なことではないでしょうか。



広告を非表示にする