PLUS α

Pilates links you to the sensations.


ピラティスが様々な感覚を繋げてくれる。


感覚は人それぞれ違い、その受け取り方も、その深みも人それぞれです。


でもその感覚を共有出来た時に人は一体感を感じ、幸せを感じるのだと思います。


別に感覚を繋げるものがピラティスで無くても良いのかもしれないけど、僕はピラティストレーナーだからそこにピラティスを当てはめただけなのです。


人によってはそこにヨガがあっても良いだろうし、武道、書道、音楽、料理、ダンス、ウェイトトレーニング、ランニングなどになるのかもしれない。


自分の中(内の世界)で一体感を感じること。


自分と他者(外の世界)との間で一体感を感じること。


この両方を目指す僕にとってピラティスはその方法の一つです。


それは27の自分にはとてつもなく大きな課題であり、答えが出るかさえさっぱり解らないものです。


ピラティスを始める理由も人それぞれで、腰痛などの身体の痛みの解消だったり、ダイエット目的と様々。


どんな理由であれ、その人にピラティスが必要とされるならば提供されて良いと思いますし、お役に立てるなら幸いです。


でもそのための手段としてのピラティスで終わってしまうのに寂しさを感じるのも事実です。


だからと言ってその人に「ピラティスを生きるためのバイブルにしなさい」などとは強制するものでもないと思っています。


生きることにはピラティス以上に大切なものがその人の人生にはあるはずでしょうし、その邪魔はするべきではないでしょう。


しかし、もしその人の人生に少しでも+αのお手伝いがピラティスで提供することが出来るのならば。


絡まり合った心と身体の葛藤を、少しでも紐解くことが出来るのならば。


そこに何か惹かれるものがやっぱりあるのだろうなぁと僕は思うのです。


ホームページが出来上がるまでこのブログを更新していきたいと思います。


広告を非表示にする